《日産》中古車買取査定記事一覧

自動車には様々な車種が存在し、我々ドライバー側の購買意欲をいつも良い意味で掻き立ててくれます。車選びをより一層楽しませてくれますが、ドライバーの中にはセダンが好きな人がいればクーペが好きな人もいたりします。人の好みは本当にそれぞれ違うという気持ちにさせられます。そんな中、最近ひと際注目を集めているのがSUVという車種です。これはスポーツ・ユーティリティ・ビークルと呼ばれる最近流行している車種のひと...

自動車には様々な車種やグレードが存在し、ニーズに合った自動車を見つけても迷ってしまうことがよくあります。そんな中でも、ワンボックスの大型ミニバンとして、日産自動車が販売しているのがエルグランドです。エルグランドは、ミニバンの中でも価格が300万円~700万円もする高級車種です。上質な車内の雰囲気と、スペースの広さには値段以上に定評があります。日常生活から大人数のレジャーまで、幅広い用途に活躍してく...

自動車の利用方法は人それぞれありますが、その中でも大家族や、多人数グループでドライブしたい、または荷物をたくさん載せて走りたいというというニーズに応えた車種がミニバンというものです。その中でも日産自動車が販売しているミニバンにはセレナとエルグランドの二種類がありますが、ファミリー層に人気が高く売れ行きが好調なのがセレナです。エルグランドが400万円~500万円と比較的高価なのに対して、セレナは20...

国産車の中にはキャラバンという車種が存在しています。1973年に初代モデルが発表されてから、随分と長い年月が経過していますが、現行モデルでも人気の高い車種として知られていて、一般的には商用車として用いられているワンボックスカーがキャラバンの基本です。特徴に関してはフロント部分の傾斜が大きく付けられていることで、一般車で言うボンネットに相当する部分にまで、傾斜が付いているので、セミボンネットタイプと...

日産自動車が製造並びに販売を行っているマーチ(MARCH)は1981年に開かれた東京モーターショーでお披露目されて以来、同社を代表する自動車になりました。現在でも老若男女問わず人気があります。このシリーズの特徴としては所謂ハッチバック型であること、コンパクトカーでありながら広い収納スペース並びに大人4人が乗れることが挙げられます。1982年に初代が発売されて以来、現在製造されているのは4代目になり...

長くモデル名が継続する車には、人気があったり使い勝手が良かったり等の理由が存在します。ここでは、日産ウイングロードの歴史と特徴について説明します。ウイングロードは、1996年に日産から発売されたステーションワゴンです。初代モデルから2回のモデルチェンジを経て、現在も販売されている息の長いモデルです。その特徴としては、5ナンバーサイズのステーションワゴンの使い勝手の良さを挙げることができます。元々、...

1998年、今まで見たこともない車が日産自動車から売り出されました。ボンネットを持つ四角いイメージのコンパクトカー、キューブです。実車を見て率直に抱くイメージは、丁度良い、です。特に若者が遊びに行くのに、丁度良いと感じます。大き過ぎず、でも中身は広く、荷物も載ってスタイルはカッコ良い。販売されると爆発的な人気を集めました。登録台数一位を記録したこともあります。その後出されるシリーズも、小さいボディ...

シーマは、1988年(昭和63年)のバブル経済の真っ只中で、日産自動車が販売していた高級セダン「セドリック」「グロリア」の更なる上級仕様として誕生・発売しました。そのため、日産の最高級車の地位を常に持つようになるのがシリーズの特徴です。特に初代のシーマは、メンバーズカーとして500万円にもかかわらず、初めの1年間だけで36,400台が販売されたほどの人気で、4年間の販売台数は12万9,000台にも...

日産自動車が製造、販売しているコンパクトカー「ノート」は、2005年に初代が発売され、現在は2代目が販売されています。この車は2004年に同社のSUV「ムラーノ」の発表会において先行公開され、翌年2015年から販売が開始されました。販売開始当初は排気量1.5Lモデルのみの設定で、7つのグレードに加えて特別仕様車の「ライダー」が販売されていました。2008年にマイナーチェンジが施され、フロントデザイ...